Sorairo

ショートカットでWordPressに下書き投稿する方法

他のアプリと連携して、iPhoneでの様々な作業を自動化できる便利なアプリ、ショートカットをご紹介するシリーズの第3弾は、WordPressへ下書き投稿するショートカットです。
今回はただ投稿するだけでなく、テキスト中のh1タグの付いた文を検索して、それをエントリータイトルに変換し、さらにアイキャッチ画像も投稿できるというまさに痒いところに手が届くショートカットです。

全体の流れ

まずはスクリーンショットで流れを確認します。

正直、最初の方の正規表現が絡むところは内容的に全く理解してません笑
とにかく、テキストからh1タグの付いた箇所を検索して抽出し、それを削除(空白にする)して残りの文章を本文として投稿してくれてるみたいです。
実際に試してみて問題なく動作したので良しとします。

参考にした記事

前にもご紹介したショートカットと新たに発見したショートカットを組み合わせ、不要な箇所を削除して作り直しました。

これが前にも紹介した記事で、下が新たに発見したショートカットです。
Publish to WordPress

上のサイトのMarkdownの項目に載ってました。

Bearでの使い方

私が使っているアプリBearでの使い方をご紹介します。
以下のように、まずh1タグを付けてタイトルを書きます。
ショートカットの動作中にタイトルを再度聞かれますので、変えたい場合はここで変更できるのであまり深く考えずに書けますね。

本文まで書き終わったら右上のインフォメーションアイコンをタップしてTXT形式でショートカットと連携します。
これは以前にもご紹介しました。

ショートカットの動作中にアイキャッチ画像があるかないかを聞かれますので、ここで選択できます。

アイキャッチ画像を指定すればそのまま投稿してくれますし、なければとりあえず下書き投稿して後からPCで追加できます。
どちらでも選択できるのが良いところかなと思います。
あとはカテゴリー、タグ、スラッグ、抜粋文などを必要に応じて入力して投稿完了です。

最後に

いかがでしたでしょうか。
アイキャッチ画像をiPhoneで作成できれば、本当にiPhoneだけでほぼ完成形の下書き投稿ができるショートカットですので、とても重宝すると思います。
ぜひモブログしたい方は使ってください笑
Post a draft to WP

advertisement

related posts

iPhoneケースを新調しました。

ずっと検討していた本革製のiPhoneケース。なかなか良いですな。

Markdownが使えるカレンダー&ノートアプリNotePlan

高額ですが久々にテンションが上がるアプリを見つけました。

少し凝った画像編集に便利なRepix

画像編集アプリは数多くありますが、Repixは無料版でもかなり高品質の編集ができる数少ないアプリだと思います。

ミュージックアプリを色々と使ってみたのでレビューします〜その④〜UBiO

ミュージックアプリを紹介するシリーズの第四弾はUBiOです。

ショートカットでAppHTMLを作成する方法

ショートカットアプリでAppHTMLを作成する方法をご紹介します。

BywordとWordPressの連携をテストしてみた

Markdown記法が使える補助キーボード付きのBywordを使ってブログの下書きをし、同アプリからWordPressへ連携してみます。

新しいiPhone6を手にして感じたこと

会社の後輩がiPhone6を購入しました。モバイル機器に疎い彼に代わって色々と設定してあげる名目でベタベタと触らせてもらった感想を少しだけ。

ミュージックアプリを色々と使ってみたのでレビューします〜その②〜Ecoute

ミュージックアプリを紹介するシリーズの第二弾はEcouteです。

ホーム画面を晒します【2013年3月】

iPhone関連のブログ記事で必ず見かけるのがこの「ホーム画面晒し」ですね。私もそれに倣って定期的に晒していこうと思います。

カレンダーアプリはやっぱりStaccalが一番です。

超お気に入りのカレンダーアプリStaccalですが、重箱の隅を突くような細かいんですが、とても便利な機能を発見しました。