Sorairo

ショートカットでAppHTMLを作成する方法

iOS標準アプリのショートカットを使って、ブログなどでアプリの紹介リンクを作成するショートカットをご紹介します。

全体の流れ

まずはショートカットの画像です。

流れとしては、

  1. App Storeでアプリを検索
  2. リストから該当のアプリを選択
  3. 選択したアプリから名前やURLなど必要な情報を取得
  4. テキストでリンクタグを生成
  5. クリップボードにコピーしてCopiedへ保存

という感じです。

App Storeでアプリを検索

ショートカットを起動すると検索窓がポップアップしますので、検索したいアプリ名を入力します。

リストから該当のアプリを選択

検索結果が表示されますので、該当のアプリを選択します。

選択したアプリから名前やURLなど必要な情報を取得

ここからは自動的に各情報が取得されます。

テキストでリンクタグを生成

テキストの項目で、生成したいリンクを設定します。
私はここでHTMLを生成するようにしてCSSで見た目を整えてます。

クリップボードにコピーしてCopiedへ保存

最後は前回と同じく、クリップボードにコピーしてCopiedを開き、生成したテキスト(HTML)を保存します。

参考にした記事

上の記事ではApp Storeでアプリの画面を表示したところからスタートしていますが、ショートカットアプリでも検索できるのでその点を少し変えさせていただきました。

最後に

iPhoneアプリのアフィリエイトはもう終了してますが、アプリページへのリンクはこれからも貼ると思うので、とても重宝するショートカットですね。
以下にリンク貼っときます。
AppHTML

advertisement

related posts

ミュージックアプリを色々と使ってみたのでレビューします〜その④〜UBiO

ミュージックアプリを紹介するシリーズの第四弾はUBiOです。

ミュージックアプリを色々と使ってみたのでレビューします〜その③〜CarTunes Music Player

ミュージックアプリを紹介するシリーズの第三弾はCarTunes Music Playerです。

超激安の充電用ドックを購入しました…けども。

超激安のiPhone充電用ドックを購入してみました。ところが大きな問題が…

直近3日間の通信制限をご存じでしょうか。

iPhoneの7GB制限については誰もが知っていると思いますが、直近3日間の1GB制限があるってご存じでしたか。少なくともiPhoneを1年以上使っている私は知りませんでしたので、今日はその件についてご紹介します。

新しいiPhone6を手にして感じたこと

会社の後輩がiPhone6を購入しました。モバイル機器に疎い彼に代わって色々と設定してあげる名目でベタベタと触らせてもらった感想を少しだけ。

ミュージックアプリを色々と使ってみたのでレビューします〜その①〜Listen

ミュージックアプリは数多くありますが、私がこれまでに使ってみたアプリをシリーズでひとつずつご紹介したいと思います。まずは今使っているListenです。

好みの位置や大きさにフレーム分けできるDrawFrameがかなりいい感じ!

コラージュアプリは大抵最初に枚数と枠の形を選択するものが多いと思いますが、今日ご紹介するアプリはそんな制約が一切なく自由にコラージュできるアプリです。

ホーム画面を晒します【2015年6月】

暑くなってきましたね。これから梅雨に入りますが、エアコンのドライが気持ちいい季節になります。今月のホーム画面晒しです。

少し凝った画像編集に便利なRepix

画像編集アプリは数多くありますが、Repixは無料版でもかなり高品質の編集ができる数少ないアプリだと思います。

BywordとWordPressの連携をテストしてみた

Markdown記法が使える補助キーボード付きのBywordを使ってブログの下書きをし、同アプリからWordPressへ連携してみます。