Sorairo

Pixelmatorでアイキャッチ画像を作成する方法(改訂版)

以前、ほぼ同じタイトルでエントリーしましたが、あれから3年ちょい経ってしまったので再度同じ内容の改訂版として新たにエントリーします。
と言っても、やることの大筋は変わりませんが笑

まずは下準備

Pixelmatorを使う前に下準備として以下のものを用意しておきます。

  • アプリのアイコン画像1枚
  • アプリのスクリーンショット1枚

アプリのアイコン画像

これは前回の記事を参考にしてください。

アプリのスクリーンショット

後述しますが、このスクリーンショットにアプリアイコンを重ねてシャドウをかけるので、できればホワイトベースもしくは淡い色合いのスクリーンショットの方がアイコンが映えます。

Pixelmatorの使い方

さて、下準備ができたところで早速Pixelmatorの使い方に入りましょう。

新規イメージの作成

まずは新規イメージの作成です。
アイキャッチ画像として使うサイズを指定します。
自身のブログに合うサイズに設定してください。
私の場合、1024×633pxの横長画像を作成します。

スクリーンショットの加工

新規イメージの上にあらかじめ準備しておいたスクリーンショットをレイヤーとして重ねます。
そして、そのスクリーンショットの横幅を1200pxに拡大して二本指で左斜めに30°傾けます。
エフェクトでブラーをかけたら背景の出来上がりです。

アイコン画像の加工

次にアイコン画像をレイヤーとして重ねます。
このままだと少しサイズが大きいと思うので480×480pxに縮小します。
最後にシャドウを入れます。
オフセットなどの数値はお好みで変更してみてください。

完成・保存

これで完成です。
慣れると1〜2分で作成できますのでとても簡単です。
あとはアルバムに保存して終了です。
ファイル名も変更できるのでご自由にどうぞ。

保存する時に保存形式を選択できますので、お好みでjpegやpngにしてください。

最後に

いかがでしたでしょうか。
画像多めでしたが、比較的簡単に作成できたのではないでしょうか。
Pixelmatorは他にも使える機能が満載ですので、気になった方はぜひどうぞ。

advertisement

related posts

超激安の充電用ドックを購入しました…けども。

超激安のiPhone充電用ドックを購入してみました。ところが大きな問題が…

バスをさがす 福岡がバージョンアップでより便利になった!

待望のURLスキーム対応でより使いやすくなったバスをさがす 福岡をご紹介。要望が取り入れらると嬉しいでしょうね。

最近常用のミュージックアプリ、SmartPlayerをご紹介します。

久しぶりの更新ですが、最近常用してるミュージックアプリのSmartPlayerをご紹介します。

ミュージックアプリを色々と使ってみたのでレビューします〜その①〜Listen

ミュージックアプリは数多くありますが、私がこれまでに使ってみたアプリをシリーズでひとつずつご紹介したいと思います。まずは今使っているListenです。

iPhoneケースを新調しました。

ずっと検討していた本革製のiPhoneケース。なかなか良いですな。

ホーム画面を晒します【2019年6月】

初めてドックに配置するアプリを3つに絞ってみました。

ホーム画面を晒します【2015年1月】

2015年1月現在のiPhoneホーム画面を晒します。昨年末から今年初めにかけていくつか新しく入ったアプリがチラホラ。

BywordとWordPressの連携をテストしてみた

Markdown記法が使える補助キーボード付きのBywordを使ってブログの下書きをし、同アプリからWordPressへ連携してみます。

私がiPhoneで画像編集する時に使っているアプリ厳選2つ!

iPhoneの画像編集アプリはかなりの数ありますが、本当に使いやすいアプリを2つだけご紹介します!

直近3日間の通信制限をご存じでしょうか。

iPhoneの7GB制限については誰もが知っていると思いますが、直近3日間の1GB制限があるってご存じでしたか。少なくともiPhoneを1年以上使っている私は知りませんでしたので、今日はその件についてご紹介します。