Sorairo

Pixelmatorでアイキャッチ画像を作成する方法(改訂版)

以前、ほぼ同じタイトルでエントリーしましたが、あれから3年ちょい経ってしまったので再度同じ内容の改訂版として新たにエントリーします。
と言っても、やることの大筋は変わりませんが笑

まずは下準備

Pixelmatorを使う前に下準備として以下のものを用意しておきます。

  • アプリのアイコン画像1枚
  • アプリのスクリーンショット1枚

アプリのアイコン画像

これは前回の記事を参考にしてください。

アプリのスクリーンショット

後述しますが、このスクリーンショットにアプリアイコンを重ねてシャドウをかけるので、できればホワイトベースもしくは淡い色合いのスクリーンショットの方がアイコンが映えます。

Pixelmatorの使い方

さて、下準備ができたところで早速Pixelmatorの使い方に入りましょう。

新規イメージの作成

まずは新規イメージの作成です。
アイキャッチ画像として使うサイズを指定します。
自身のブログに合うサイズに設定してください。
私の場合、1024×633pxの横長画像を作成します。

スクリーンショットの加工

新規イメージの上にあらかじめ準備しておいたスクリーンショットをレイヤーとして重ねます。
そして、そのスクリーンショットの横幅を1200pxに拡大して二本指で左斜めに30°傾けます。
エフェクトでブラーをかけたら背景の出来上がりです。

アイコン画像の加工

次にアイコン画像をレイヤーとして重ねます。
このままだと少しサイズが大きいと思うので480×480pxに縮小します。
最後にシャドウを入れます。
オフセットなどの数値はお好みで変更してみてください。

完成・保存

これで完成です。
慣れると1〜2分で作成できますのでとても簡単です。
あとはアルバムに保存して終了です。
ファイル名も変更できるのでご自由にどうぞ。

保存する時に保存形式を選択できますので、お好みでjpegやpngにしてください。

最後に

いかがでしたでしょうか。
画像多めでしたが、比較的簡単に作成できたのではないでしょうか。
Pixelmatorは他にも使える機能が満載ですので、気になった方はぜひどうぞ。

advertisement

related posts

ホーム画面を晒します【2016年8月】

久しぶりにホーム画面の投稿です。今流行のあのゲームも一画面目に配置してます。

iPhoneケースを新調しました。

ずっと検討していた本革製のiPhoneケース。なかなか良いですな。

私が初めて購入した有料アプリはStaccalでした! #myfirstapp

皆さんも必ずあるはずの初めてシリーズです。まずは初めて購入した有料アプリについて!

Markdownが使えるカレンダー&ノートアプリNotePlan

高額ですが久々にテンションが上がるアプリを見つけました。

ホーム画面を晒します【2015年6月】

暑くなってきましたね。これから梅雨に入りますが、エアコンのドライが気持ちいい季節になります。今月のホーム画面晒しです。

ホーム画面を晒します【2019年3月】

久しぶりにiPhoneのホーム画面をご紹介します。

ホーム画面を晒します【2015年11月】

前回と比べて乗り換えたアプリが少しありましたので久々にホーム画面をご紹介します。

iOS8のリリース前にiOS7での最後のホーム画面を晒します【2014年9月】

iOS7では恐らく最後になるであろうホーム画面晒しです。ここ数か月間は使うアプリも固定されてきたので前回とあまり変わらないと思いますが、ご参考までに。

収支管理アプリのZenyが爆速入力でいい感じ!

めちゃめちゃシンプルで爆速登録が可能なニューリリースの収支管理アプリ、Zenyをご紹介します。

Androidを継続するかiPhoneに変更するか悩んでいる人へ

iPhone6が発表され、Androidから機種変しようかなと悩んでいる方もいらっしゃると思いますが、そんな方のためにiPhoneのメリット、デメリットを挙げてみました。