Sorairo

Markdownが使えるカレンダー&ノートアプリNotePlan

すごいアプリを見つけてしまいました。
カレンダーでその日の予定を見ながらToDoやメモをMarkdownで記録できるNotePlanというアプリです。

Markdownが使える

まずはメイン画面をご覧ください。

もうすでにがっつり使ってて仕事とかプライベートの予定が入りまくってるので、何もない日をサンプルにしてます。
ウィークリーのカレンダーが上部にあって日付の下に点が付いていますが、これがその日に入ってる予定の印です。

実際にはこんな感じで予定が表示されます。
下の「Tap here to add items」をタップすると次の画面が表示されます。

この画面でMarkdownを使ってメモやToDoを記録することができます。

元の画面に戻ると上のように表示されます。
ね、これいいでしょ?笑
拡張キーボードも付いてるし、リストはToDoリストになりますので、とても便利ですし、見やすく整理できます。

月間カレンダーの表示もできる

「Show Month」をタップするとそのまま月間カレンダーがスルッと表示されます。

また、上のアイコンをタップすると月間カレンダー全体が大きく表示されます。

この辺の画面遷移がシームレスにできるところもいい感じです。

完了したToDoやスケジューリング後の表示

ToDoが完了したらこのようにチェック印が付きます。

また、ToDoのスケジューリングも簡単です。
編集画面で項目の後ろにカーソルを合わせて時計のアイコンをタップするとカレンダーが出てきますので、該当する日付を選択するだけ。

操作は直感的にできますので迷うことはなく、画面表示も見やすいです。
また、編集画面で「Archive Processed Tasks」を選択すると、完了したToDoやスケジューリング後のタスクが自動的に分類表示されてさらに見やすくなります。

文章で書くと伝わりづらいですが、実際にやってみると気持ちいいんです。

こんな風に表示されて、視覚的に分かりやすくなり、やるべきことだけに集中できます。

最後に

基本無料ですが、サブスクリプションではなく買い切り版なので私は迷わず購入しました。
ここ一週間使ってますけど、マジで使いやすくて紙の手帳がいらなくなるレベルのクオリティだと感じてます。
手帳好きとしては悩ましいところですが笑

advertisement

related posts

ホーム画面を晒します【2017年8月】

半年以上ぶりの更新です。まずは1年ぶりのホーム画面晒しから再開します。

好みの位置や大きさにフレーム分けできるDrawFrameがかなりいい感じ!

コラージュアプリは大抵最初に枚数と枠の形を選択するものが多いと思いますが、今日ご紹介するアプリはそんな制約が一切なく自由にコラージュできるアプリです。

BywordとWordPressの連携をテストしてみた

Markdown記法が使える補助キーボード付きのBywordを使ってブログの下書きをし、同アプリからWordPressへ連携してみます。

ミュージックアプリを色々と使ってみたのでレビューします〜その①〜Listen

ミュージックアプリは数多くありますが、私がこれまでに使ってみたアプリをシリーズでひとつずつご紹介したいと思います。まずは今使っているListenです。

カレンダーアプリはやっぱりStaccalが一番です。

超お気に入りのカレンダーアプリStaccalですが、重箱の隅を突くような細かいんですが、とても便利な機能を発見しました。

Rise Alarm Clockはグラデーションがとても綺麗な目覚ましアプリです!

私の生活に欠かせない目覚ましアプリのRise Alarm Clockをご紹介したいと思います。

急に思い立って断捨離した結果、どうしても消せずに残ったアプリ28個をドーンと紹介します!

iPhoneアプリの断捨離をやってみました。その結果、28個のアプリが残りましたので一気にご紹介します。

私が初めて購入した有料アプリはStaccalでした! #myfirstapp

皆さんも必ずあるはずの初めてシリーズです。まずは初めて購入した有料アプリについて!

ミュージックアプリを色々と使ってみたのでレビューします〜その④〜UBiO

ミュージックアプリを紹介するシリーズの第四弾はUBiOです。

Androidを継続するかiPhoneに変更するか悩んでいる人へ

iPhone6が発表され、Androidから機種変しようかなと悩んでいる方もいらっしゃると思いますが、そんな方のためにiPhoneのメリット、デメリットを挙げてみました。