Sorairo

第三回QTA(九州手帳愛好会)オフ会レポ~その2~ #QTA_off

一月は「行く」、二月は「逃げる」、三月は「去る」と言うように、前回のQTAオフから早くも約一ヶ月近く経ってしまいました。
その1は素早く更新したもののその2の更新を怠り、明日はもう第四回のQTAオフが開催されようとしています。

さすがにそれはマズイということで、前回に引き続き、第三回のQTAオフ会の様子をレポートします。

advertisement

第二部は「万年筆&インクワークショップ リターン」ということで、前回時間的に物足りなかったワークショップのリベンジです。
今回のワークショップは、紅葉さんとともに第二部の主催をすることとなりました。

主催って大変

ワークショップの準備は、参加者の皆様へのアナウンスと万年筆、インク持参協力のお願いとそのまとめとそれらのリストの作成、印刷などやることだらけでした。
紅葉さんにはリスト印刷以外のことを全てやっていただきました。
私は、紅葉さんのまとめたリストをちょっとだけ編集して台紙に印刷するだけ、しかも幸いにも台紙のフォーマットは前回のを利用させていただいたおかげでそれほど大変ではありませんでした。
紅葉さんには一番大変な作業を行っていただき、とても感謝しています。

また、当日は参加者の方にも万年筆とインクの提供、台紙のセットや陳列などご協力いただきました。
参加者目線だと気付かなかったことを、主催者目線で色々と知ることができて勉強になりました。
改めてみんなで作るオフ会っていいもんだなぁと思いました。

ワークショップ

前回以上に集まったインクと万年筆。
テーブルに入りきれないほどたくさんのモノが集まりました。

まずは万年筆。

前回もそうでしたが、今回もやっぱり気になったし、まあさんやでこっちさんの関心も高かったのがPILOTのキャップレス マットブラックでした。
何回も試し書きさせていただき、ますます欲しくなったのは言うまでもありません。
この機動力で金ペンの万年筆、しかもこの外観。
近い将来、必ず買いますw
明日買おうかなぁ…

続いてインクです。

今回はまあさんの協力なしではこのワークショップは語れません。
まぁさん所有のプレピー万年筆にPILOTの色彩雫シリーズがぎっしり。
全24色中、23色が揃いました。
前回のつけペンとは異なり、プレピー万年筆なのですぐに書けます。
これが良かった。
各自がほぼ全色気軽に試せてとても盛り上がりました。

その他に私が個人的に気になったのが待鳥さん持参のPelikan エーデルシュタインシリーズです。
全体的にオシャレな色合いが良かったです。

こんな感じでまとめてみました。
まだまだありましたけどね。

万年筆に群がる参加者の皆様。

最後に

いかがでしたでしょうか。
ちょっと時間が経ってしまったので細かいところはアレですが、今回も楽しかったですよ。
これが伝わればいいんですw
明日開催の第四回では、またまた初めての方の参加もチラホラありますので新しい出会いが楽しみです。

advertisement

related posts

仕事のお供に欠かせない!キングジム ノートカバー マグネットタイプ【文具好きブロガー12人が選ぶ厳選!イチオシ文房具セレクション(2016春)】 #ブロガー文具セレクション

こっこさんの文房具企画に参加させていただきました。他の方の投稿も楽しみです。

2017年用の脳内手帳会議が粛々と進行中です

今年も恒例の来年用の脳内手帳会議の様子を見える化してお届けします(笑)

2019年の手帳 #2019お供の手帳

来年の手帳を早くも決めてしまいましたのでご紹介します。

2018年版の能率手帳ゴールドが届きました。

来年の手帳を考える時期になりました。仕事用の手帳は能率手帳ゴールド一択です。

仕事で使える高級ボールペンを検討してみました。

前々から本腰入れて検討したいと思っていた仕事で使える高級ボールペンについて、数ある中からその候補をいくつか絞ってみました。

2019年2月時点の手帳と文具事情

手帳ジプシーな私の最近の手帳や文具事情を公開します。

2017年のお供手帳を紹介します #2017お供の手帳

12月になりましたので、来年2017年のお供手帳をご紹介します。

能率手帳ゴールドの使い方-2016年版-

今年から使い始めた能率手帳ゴールドの使い方をご紹介します。

2017年用の手帳としてブラウニー手帳を購入しました!

今年から万年筆でも裏抜けしにくくなったブラウニー手帳。用途は別として、とにかく使ってみたかったので購入しちゃいました。

第五回QTA(九州手帳愛好会)オフ会レポ #QTA_off

2ヶ月に1回の恒例行事であるQTA(九州手帳愛好会)の第5回目となるオフ会に参加してきました。回を重ねるごとに参加メンバーの親密度も増している気がします。