2017年の仕事用手帳は能率手帳ゴールドを継続します!

どうも、リョウ(@ryskyshd)です。

今年も早くも来年の手帳の話が盛り上がっていますね、手帳クラスタの中で。
ご多分に漏れず私もその中のひとりですが(笑)

でも今年は「来年はどの手帳にしようかなぁ」っていう悩みが全くなくなりました。
それは今仕事で使っている能率手帳ゴールドの継続が自分の中で確定してるからです。

[kanren postid=”4229″]

スポンサーリンク

能率手帳ゴールドのイイところ

自分にとっての「当たり前」は必ずしも他人にとっての「当たり前」になるとは限らないの精神で。

コンパクトサイズ

今年から使い始めた能率手帳ゴールドですが、何がいいかってまずそのサイズ感。
コンパクトでいてメモ欄も充実してるってところが私にとってちょうどいい。
スーツの胸ポケットにもすっぽり収まる可愛い奴です。

ガントチャート式の月間カレンダー

それと月間カレンダーがガントチャート形式ってところ。
大方のビジネス手帳って月間カレンダーが月曜始まりのブロック形式。
卓上カレンダーやGoogleカレンダーは日曜始まりなので手帳だけ月曜始まりだとどうも頭の整理ができないんです。
ところがこの能率手帳ゴールドは月間ブロック形式のカレンダーが存在せず、その代わりにガントチャート式の月間カレンダーがあります。
これが個人的には使いやすい。
もちろん月間の予定管理としては使っておらず、仕事の進捗確認や特定項目のログ取り用として使っています。

万年筆との相性がいい

現在メインで使っているのがプラチナ万年筆の#3776センチュリーで、インクは純正のカートリッジ(ブルーブラック)ですが、裏抜けは一切ありません。
字幅は手帳用に細めのFを使っていますが、書き心地も最高です。

「書く」ことにこだわるNOLTYは、どんな筆記具でも書きやすい究極のバランスの良さを実現しました。

万年筆以外で書いたことがないので分かりませんが、公式がそう言っているのでそうなんでしょう(笑)

ヤンピー最高

表紙のヤンピー(羊革)は最高の手触りです。
それでいて丈夫。
仕事で使っているので鞄からの出し入れは頻繁に行いますが、手触りはいい感じに成長しつつ、決してヘタれることなく今日まで使えています。

2017年用を注文した

ということで、9/1に来年度用が発売開始となったその日にネットで注文しました。
翌日には入金を済ませ、6日に発送が開始され、7日に自宅に届きました。

開封の儀

今年も一応、念のため、まだ買ったことないけどものすごく気になってて来年は買おうかなと考えている人に向けて、写真をいくつか載せときます(笑)

IMG_3778
▲外箱のふたをパカッとな。

IMG_3771
▲中身はこんな感じ。
手帳本体の他にメモ帳が二冊入ってるんです。

IMG_3772
▲手帳本体。

IMG_3774
▲表面をドアップで。

IMG_3773
▲金色の小口部分。

今年の手帳と並べてみた

IMG_3776
▲今年の手帳は結構大事に使っていると思っていましたが、さすがに新品と比べるとややヘタレてる感が出てますね。

IMG_3777
▲とりあえず万年筆乗せときました(笑)

最後に

いかがでしたでしょうか。
今までも十分に愛着ありましたが、新人を迎えると古株が余計に愛おしくなりますね(笑)
末永く愛用していきたいと思います。