2015年を振り返る

スポンサーリンク

どうも、リョウ(@ryskyshd)です。

一年というものはあっという間で、今年も残り1ヶ月をとうに切りました。
ちょっと早い気もしますが、今年をザッと振り返ってみました。

今年の我が家には人生の節目とも言える様々な出来事がありました。

2015年、我が家の6大ニュース

  1. 家を買う。
  2. 結婚10週年を迎える。
  3. 長女が小学校に入学。
  4. 次女が幼稚園に入園。
  5. 奥さんが仕事を始める。
  6. 店長になる。

家を買う

まずはこれ。
私の仕事は不動産営業なので家を買うのは容易いと思われがちですが、むしろその逆で、色んな事を知り尽くしているからこそ買いづらいもんです。

さらに。
私たち夫婦は中学校の同級生だったので、それぞれの実家は同じ町内。
数年前に転勤族から抜け出して転職し、両方の実家に近い同じ町内で新しい生活を始め、子どもを両親に見てもらえることのありがたさに浸かってしまった私たちには家を買うことでその生活を崩したくないという思いが強く芽生え、買うなら同じ町内限定でという、何とも不動産屋泣かせの厳しい条件で探していたのでした。

見つかるはずねぇし!w

東京、大阪などの都心部ならまだしも、福岡の片田舎のひとつの町内限定でそんなに豊潤に物件が出てくる訳ありません。
物件探しには数年を要しました。
幸いにも仕事柄、新しい物件の情報は真っ先に入ってきます。
希望エリアの物件は(仕事中だろうが構わず)すぐに見に行くことにしました。

そんな中、私たち夫婦に、物件探しに対する倦怠期が訪れるのでした。
ある時、エリア、価格、間取りなど条件的には自分たちに合っている物件が出ましたが、どうも足が進まない。
どうせまたダメだろうと思い込み、内覧することもなくスルーするのでした。
数日後、その物件は売れてしまいました。

それから約半年。
物件探しの熱も復活し、相変わらず新たな物件が出ては内覧を繰り返していました。

そして、運命の出会いが。
何と倦怠期にスルーしていたあの物件が売りに出たんです。
その時には奥さんも不動産営業マンばりに物件に対する目が肥えまくっていましたので、これはいい物件だと速攻で見に行くことになりました。

案の定、その物件はリフォーム済で室内はとても綺麗。
外壁塗装も行い、玄関ドアも新品に交換済みでした。
間取りも二人とも好みで、本当に文句のつけようのない物件でした。
後で分かったことなんですが、その時の売主さんは、以前にその売主が探していた時、つまり買主だった時に私が対応していたお客様だったんです。
うちの会社では仲介できませんでしたが、他社の仲介によりこの物件を購入し、リフォームをし、さぁ住もうという時にある事情により泣く泣く売却しなければならなくなったそうです。
売るからにはいい方に買っていただきたいと思っていたそうですが、その買主が以前にお世話になった不動産屋の営業マン(=私)だと知って、とても喜んだそうです。
全然知らない方に売却するよりは、少しでも知っている私に買っていただきたいと。

私の方も即決でした。
一度買いそびれてた物件が再度売りに出るなんてことはそうありません。
奥さんも大満足で、頭金どうしようかなどとワクワクする有様。

ということで、中古ですが、自分の家を購入することになりました。
いつもは不動産屋としてお客様の購入のお手伝いをしているのですが、この時ばかりは自分が買主。
申し込みをして売買契約をして住宅ローンの契約をして引渡しを受けて…色んな事を分かってはいるんですが今振り返ってみるとその時は何となく全体的にフワフワしていたように思います。

長くなってしまいましたが、私の「家・購入記」でした。

結婚10週年を迎える

次はこれです。
2005年5月5日に入籍をし、今年で10週年を迎えることができました。

前述したとおり、私の奥さんは中学校の同級生で、ありがちですが大人になってからの同窓会をきっかけに付き合い始めました。
当時私は全国転勤のある会社に勤めていまして、福岡から大阪へ転勤が決まり、大阪へ行くと同時に入籍をしました。

しかし、うちの奥さんはどちらかというと人見知りをする性格なので、地元を離れ、親も友人も知り合いもいない土地での子育てが辛い時期もあったようです。
私の方も慣れない関西弁に揉まれ、営業成績も伸び悩み、地元福岡での転職を考えるようになりました。

そこで31歳の時、思い切って仕事を辞め、地元の福岡へ戻ってきました。
思えばこれが私の人生の転機でした。

幸いにも有給消化の期間中に次の仕事が見つかり、しかも運良く地元の不動産会社に転職が決まりました。
それまでは朝早く夜遅い仕事だったのが、職場も近いため朝は比較的ゆっくり、残業も少なく夜も家族皆でご飯を食べることができるくらいになりました。
これは本当に良かったと思います。
家族との時間を多く持つことができることは、何事にも代えがたいことだと思っています。
もし思い切って転職をしなかったらと考えると少しゾクッとします。

奥さんとは元々中学校の同級生ということもあり、お互いに思ったことを何でも言い合える仲なので今のところ上手くいっていると思います。
また、子供たちも大きな病気をすることもなくスクスクと成長してくれています。
これからも15年、20年と家族で楽しく過ごせたらなと願っています。

長女の入学、次女の入園

これはそんなに大きな出来事ではないですが、節目という意味では外せません。

今年の4月から長女は小学校に入学、次女は幼稚園に入園しました。
長女はどちらかというと大人しく慎重な性格のため、小学校という集団生活に馴染めるかなと心配していたんですが、その心配は全く無用でした。
毎朝7:30には文句も言わず元気よく登校しています。
友達もでき、毎日の宿題もバリバリこなし、行事ごとにも積極的に取り組んでいるようです。
とにかく楽しそうに学校での出来事を親に話してくれるいい娘に育ってくれています。

余談ですが、最近長女は文房具好きということが判明w
買物に出かけると必ずおもちゃ、お菓子のコーナとノートや鉛筆などの文房具売場に興味を示します。
私もつい文房具なら何かしら使うだろうと買ってあげます。
つい先日もマステを買ってあげたんですが、早速それ専用のノートを用意してマステ帳を作っていました。
他にも小学校のお友達に手紙を書いてマステでデコったりして楽しんでいます。
また、先日趣味の文具箱の最新号が届いたんですが、私より先にメッチャ見てましたw
小学生にしてインク沼は避けなければ…!ww

次女の方もクラスではどうやら中心的存在のようです。
ダンスや歌のお手本をお友達の前で披露したり、外で遊ぶ時にも次女の周りに集まってくるそうです。
次女は体が大きく(縦も横もw)、周りの子よりも頭一つ分高いので、とても目立つからだと思います。

ところが、次女の唯一の弱点は給食です。
とにかく好き嫌いが激しい。
献立表を見て、翌日の給食に自分の嫌いなものがあれば、翌朝、幼稚園には行きたくないとゴネ始めます。
給食を完食すると、担任の先生から手の甲に星や花などの完食マークが付けてもらえるんですが、少しでも残したり減らしたりすると、その完食マークはもらえません。
次女は完璧主義な面があるので、本人的にはそれが許せないみたいです。
でも最近は残していいし完食マークも必要ないって言い聞かせてます。
そうでもしないと登園してくれないのでこっちが困りますw

そんな子供たちですが、二人とも行事ごとには熱心に取り組んでいるようです。
私はできるだけ行事ごとには参加するようにしているんですが、その都度成長したなと感じることができています。
これからも明るく元気に過ごしてほしいなと思います。

奥さんが仕事を始める

うちの奥さんはもともと地元に近い保育園で保育士をしていました。
結婚を機に仕事を辞めたんですが、その後も子育てが落ち着いたら戻ってきて欲しいと言われ続けていました。

奥さんには「自分の子供は3歳まで自分で育てる(保育園、幼稚園には入れない)」というポリシーがあったんですが、今年は次女が幼稚園に入学する年でしたので晴れてそのポリシーから開放される年でした。
それを知ってか、元々働いていた保育園の園長自ら再就職の勧誘に来ました。
奥さんは、働く気持ちもあるし元いた職場で慣れてるしで、どこにも断る理由がなかったようですw

ただ、現実には解決すべき問題がありました。
それは子供たちのお世話です。
子供たちが帰宅した時に誰も居ないのでは話になりません。
私も平日休みが取れるとはいえ、毎日というわけにはいきません。

そこで登場するのが、近所に住む奥さんのお母さんです。
お母さんが近くにいなかったら、奥さんの職場復帰はなかったかもしれません。
私と奥さんの出勤が重なる日には、お母さんが二人の子供たちを迎え入れます。
実家と同じ町内で家を買った恩恵が大いに発揮されています。

店長になる

これは完全に私事ですが、「店長になる=給料が上がる=家族が喜ぶ」ということでこれも我が家の一大ニュースです。
何回も繰り返しになりますが、私は不動産会社で売買仲介の営業をしていました…今年の3月までは。
そして今年の4月からは社内の売買部門を取り仕切る店長となったんです。

4月以降、私が直接お客様に対応することはなくなり、完全に他の営業社員のサポートする役、それと店舗全体の運営・管理を行う立場になりました。

日々勉強です…

営業マンとして働いていた頃よりも頭をつかうことが多くなってまだまだ大変な毎日です。
それまでも営業リーダーとしてある程度指導したりという場面はあったものの、今ほど色々考えながらってのはなかったように思います。
一人ひとりの営業マンに対して、どうやったら売上が伸びるだろうかとか、どういう指導方法が合ってるんだろうかとか、常に考えています。
これはこれで大変ですが、責任のある仕事ですのでとてもやりがいを感じています。

私的四大ニュース

ここからは、私個人の今年の四大ニュースを。

  1. 初めての手帳オフ会に参加
  2. 初めての金ペン万年筆を購入
  3. 初めてのメイドカフェ@秋葉原
  4. 初めてのWordPress有料テーマ導入

初めての手帳オフ会に参加

これを語らずして今年の私は語れません。

今年はより明確に文房具好きを確信した年でした。
その中でもこの手帳オフ会に参加したのが一番の大きな出来事かもしれません。

第一回QTA(九州手帳愛好会)オフ会レポ #QTA_off

2015.09.14

第1回のQTAオフ会。
期待と緊張で張り裂けそうでした。

第二回QTA(九州手帳愛好会)オフ会レポ~その1~ #QTA_off

2015.11.09

第二回QTA(九州手帳愛好会)オフ会レポ~その2~ #QTA_off

2015.11.09

第2回目。
まだ昨日のことのように鮮明に覚えていますが、とにかく楽しかった。

初めての金ペン万年筆を購入

もっと早く購入すればよかったとも思っていますが、ようやく金ペンの万年筆を購入しました。
それも世界堂の本店で。
奥さんに自慢しちゃいましたが、よく分かってもらえなかったww

世界堂の新宿本店へ行ってきました!

2015.10.29

プラチナ万年筆 #3776センチュリー ブラックインブラック(F)レビュー

2015.11.04

仕事の手帳に書き込む時に常用していますが、すこぶる快調です。
もう離れられません。

初めてのメイドカフェ@秋葉原

これも私の中ではなかなか大きな出来事でした。

仕事で東京に出張してきました。

2015.05.20

東京なんて、ましてや秋葉原なんて私の人生にはほぼ交わることなんてないと思い込んでいましたが、行けば何てことない、簡単に行けることが分かりました。
当たり前といえば当たり前ですが、秋葉原も新宿も日本なので怖がることはないんです。

初めてのWordPress有料テーマ導入

このブログはWordPressを利用しているのですが、それまでは無料のテーマを自分なりに弄ってカスタマイズするのが当たり前と思っていました。
でもこのテーマに出会って、ブログ弄りに時間かけて記事の更新が少ないなんて何て本末転倒なんだと思い、即決で購入しました。
大きな不具合もなく、快適に使わせてもらってます。

初めての有料テーマ「ALBATROS」を購入しました!

2015.07.12

飽きっぽい性格の私がそれも感じず使えているのでよっぽどいいテーマなんだと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか。
こうして振り返ってみると、意外と節目の年だったなと感じました。
まだ20日ほど今年は残っていますが、来年もいい年にしたいですね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。