新しいiPhone6を手にして感じたこと

スポンサーリンク

どうも、リョウ(@ryskyshd)です。

会社の後輩がiPhone6を予約してたんですが、昨日入荷の案内メールがあったので本日二人で受取に行ってきました!

後輩にiPhoneを勧めたのが私なので、初期設定やお勧めアプリのインストールは全て一任されました。

そのおかげで思う存分iPhone6を触れましたので、感じたことを書いてみます。

やっぱり大きい

当たり前のことですが、画面サイズが4インチから4.7インチにアップしてますので、持ってみてまず感じたのが「やっぱり大きいな」ってこと。


▲私は手が小さいというか指が短いので、持った感じはこんな感じです。
親指以外の指は第一関節がちょうど曲がるぐらい。


▲当然右上のカメラアプリには片手で届きません。


▲ホームボタンを軽くトントンとダブルタッチすると画面がスルッと下に降りてきますので、こうすれば何とか片手でも届く位置にはなります。

やっぱり美しい

iPhone6から、これまでの角ばったデザインが丸みを帯びたデザインに変わってます。
画面サイズが大きくなり、本体も大きくなりましたが、薄くなった分持ちにくさを感じることはありませんでした。


▲表面。
解像度が上がり、一面に置けるアプリの数も一段分(4つ)増えてます。


▲裏面。
上下にあるラインがあまり好きな感じではありませんでした。
あと、アップルマークが鏡のようでした。


▲カメラ部分。
話題になってましたように突起してます。
ただ、ほんの少しなのでそんなに騒ぐほどのことでもない程度かなとは個人的に思いました。

それと、写真は撮ってませんがスリープボタンが本体上部から右側面に移動してます。
サイズが大きくなってますので押しやすい位置に変更になったという意味でなかなかいいなと感じました。

最後に

いかがでしたでしょうか。
散々iPhone6を持った後にiPhone5を持つと一瞬だけ画面が小さく見えるのが何だか不思議な感じです。
前にも言ったように私はiPhone6をスルーしますが、慣れのせいもあるでしょうけど、やっぱり今のiPhone5が使いやすいかなと思いました。
け、決して負け惜しみではありませんからね!(笑)

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。