Sorairo

簡単・お洒落に写真に注釈を表示できるiPhoneアプリThis by Tinrocket

iPhoneで撮った写真をブログ等に掲載する際に、とても簡単に、シンプルに、尚且つお洒落に表示できるアプリが「This by Tinrocket」です。
注釈を付けるだけに特化したアプリなのでその他の機能は一切ありません。
それだけに物足りない人もいるかもしれませんが、私には十分でした。
ということで早速ご紹介したいと思います。

  • This by Tinrocket
  • カテゴリー:写真/ビデオ, 仕事効率化
  • 価格:¥240(記事掲載時)

advertisement

起動直後の画面

早速アプリを立ち上げてみます。

ほぼ真っ白。
一瞬「ん?」と思うくらいシンプルな画面です。

簡単・シンプルな操作

アプリの操作方法も至ってシンプルです。

中央下にちょこんと表示されている部分をタップすると簡単な設定画面が出てきます。
ここでは注釈の矢印と文字の色、サイズの指定ができます。
このアプリのイイところは、注釈の色が白か黒しかないことで、しかもAUTOを選択しておくと写真に写っているものの色に合わせて自動的に白か黒を選択してくれるところです。

左下のカメラアイコンをタップすると写真の選択画面が出てきます。
アプリ自体で写真を撮影することも可能です。

先日行ったハンバーグ屋さんで撮った写真を選択してみました。

写真はダブルタップで拡大できます。
そして注釈を加えたい箇所をタップすると「This」と書かれた注釈が追加されます。

「This」の部分をタップすると文字入力の画面になりますので、追加したい言葉を入力します。
その他の箇所にもどんどん追加してみます。
注釈を追加する場所によって矢印と文字の色が変わっているのが分かると思います。

写真が小さくて分かりにくいかもですが、矢印の先端の図形はタップすることで次々に変化しますので、お好みの形状を選択してください。
また、サイズもS、M、Lと3種類あります。
右の写真ではLサイズにしてみました。

右下の共有ボタンを選択すると、各種SNSにアップしたりカメラロールに保存したりできます。

こんな感じで完成です。

最後に

いかがでしたでしょうか。
矢印と文字部分が連動していますので、文字の位置を移動するとそれに合わせて矢印の方向もぐるぐる変わるので便利です。
この辺は他のアプリにはない(他のアプリでは矢印と文字は別々に移動させる)点だと思います。
有料アプリですがおススメです。

本日ご紹介したアプリ

  • This by Tinrocket
  • カテゴリー:写真/ビデオ, 仕事効率化
  • 価格:¥240(記事掲載時)

因みにこの記事中の写真で、矢印を付けたアプリはMarkee、スクリーンショットを二つ並べたアプリはナラベルコというアプリです。
どっちも便利!

  • Markee
  • カテゴリー:写真/ビデオ, 仕事効率化
  • 価格:無料(記事掲載時)

advertisement

related posts

ホーム画面を晒します【2013年3月】

iPhone関連のブログ記事で必ず見かけるのがこの「ホーム画面晒し」ですね。私もそれに倣って定期的に晒していこうと思います。

iPhoneケースを新調しました。

ずっと検討していた本革製のiPhoneケース。なかなか良いですな。

Pixelmatorでアイキャッチ画像を作る方法

ブログのアイキャッチ画像作成に使えるPixelmatorをご紹介します。

ホーム画面を晒します【2015年5月】

長い長い冬眠…いや、繁忙期を抜けて5月病寸前で久々の更新です。感覚が掴めていないのでとりあえずホーム画面でも晒しておきます。

ホーム画面を晒します【2016年8月】

久しぶりにホーム画面の投稿です。今流行のあのゲームも一画面目に配置してます。

iOS8のリリース前にiOS7での最後のホーム画面を晒します【2014年9月】

iOS7では恐らく最後になるであろうホーム画面晒しです。ここ数か月間は使うアプリも固定されてきたので前回とあまり変わらないと思いますが、ご参考までに。

新しいiPhone6を手にして感じたこと

会社の後輩がiPhone6を購入しました。モバイル機器に疎い彼に代わって色々と設定してあげる名目でベタベタと触らせてもらった感想を少しだけ。

私が初めて購入した有料アプリはStaccalでした! #myfirstapp

緊張の一瞬でした。初めての有料アプリ。皆さんも必ずあるはずの初めてシリーズです。まずは初めて購入した有料アプリについて!

ミュージックアプリを色々と使ってみたのでレビューします〜その④〜UBiO

ミュージックアプリを紹介するシリーズの第四弾はUBiOです。

モブログを始めるためにまずはするぷろを買ってみました。

iPhoneでブログを書く、モバイルでブログ、モブログ。そんな時に非常に便利なアプリ、するぷろを購入しました。