あとで読むアプリPocketのThingsへ送る機能につい今気づきました。

どうも、リョウ(@ryskyshd)です。

今日は、iPhoneアプリの「Pocket」について今の今まで知らなかった機能、かつ、メチャクチャ欲しかった機能についてご紹介します。

知ってる方は何だそんなことかと思うでしょう。
でも私にとっては両手を上げてバンザイしたくなるようなことでした(大げさ)。

AppIcon
Pocket (Formerly Read It Later)

価格:無料(記事掲載時)
カテゴリー:ニュース, 仕事効率化

つい最近Thingsを購入して使い始めたばかりだったのですが、今までPocketの連携機能はブラウザで開くぐらいしか使ってませんでした。

20130611143010

▲しかし先ほど、何気なくシェアボタンをタップしてみると、

20130611143149

▲Thingsのアイコンが!!
恐る恐るタップすると、

20130611142229

▲Thingsに登録できました!

20130611142257

▲詳細画面を開くと、To Do欄に記事のタイトル、メモ欄にURLが登録されています。

す、素晴らしすぎる!(笑)

というのも、最近@mk_mizuhoさんの以下の記事を読んで、これをやりたいがためにSylfeedとDomo Cueを買おうかと本気で悩んでいたんです。

でもRSSリーダーはReeder、リマインダー(To Do)はThingsを使っていて、似たような機能のアプリが複数あっても勿体ないという考えでしたので、PocketとThingsの連携は今の私にとって最良の方法となりました。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたでしょうか。
ネット上で見つけた「これ欲しい!」とか「あとでやってみる!」っていうのって覚えておくの大変ですよね。
はてブしたりツイートしたりと、保存しておくには色々な方法があると思うのですが、やっぱり忘れることの方が多いし後から検索して探すのも面倒。
そんなジレンマを抱えていましたが、この連携でそんなこともなくなると思います。
早速バンバンThingsに覚えてもらっておきます。

本日ご紹介したアプリ

※価格は記事掲載時の価格ですので、ご注意ください。

AppIcon
Pocket (Formerly Read It Later)

価格:無料(記事掲載時)
カテゴリー:ニュース, 仕事効率化
AppIcon
Things

価格:¥850(記事掲載時)
カテゴリー:仕事効率化, ビジネス

参考にしたブログ記事

あかめさんの記事はほんとに読みやすく参考になります。