Adobe Photoshop TouchでiPhoneの鮮やかすぎる壁紙をいい感じに加工する方法。

どうも、リョウ(@ryskyshd)です。

今日もいつものようにスキマ時間にiPhoneで情報収集をしていたのですが、以下のブログ記事を発見しました。

@spring_maoさんのブログ記事ですが、思わず「何でこんなコトに今まで気付かなかったんだろう!」と激しく自問自答するくらい目から鱗な内容でした。

上の記事ではPhotoForge2を使っていますが、要するにレイヤー機能の使える画像編集ソフトであればできるようなので手持ちのAdobe Photoshop Touchでやってみました。

20130604203446
▲まずは加工したい画像を開きます。

もうすぐ始まるWWDCの壁紙です。
デザインが格好良いので壁紙にしたいのですが、壁紙が鮮やかすぎてホーム画面のアイコンが埋もれてしまいます。

20130604205350
▲次に空白のレイヤーを追加。

20130604203500
▲このような状態になります。

20130604205520
▲次に上のステータスバー(メニューバー?)の「&」ボタンをタップし「塗りつぶしとストローク」をタップ。

20130604205814
▲カラーは黒を選択し、不透明度を50%に設定します。
このあたりはお好みで設定してください。

20130604203531
▲できあがり。

これを壁紙に設定し、加工前と加工後のホーム画面を比較してみました。

20130604215930

試しに別の画像も加工してみました。

20130604210716

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたでしょうか。
よくよく考えてみると確かに鮮やかな壁紙を設定してみた時に、明るすぎるなぁ、もう少し暗い画像だったらなぁとは思っていました。
それがこのような加工を行うことですんなり解決できるとは、ほんとすごい発想だと感激しました。
簡単ですのでぜひ皆さんもやってみてください。

本日ご紹介したアプリ

※価格は記事掲載時の価格ですので、ご注意ください。

AppIcon
Adobe Photoshop Touch for phone

価格:¥450(記事掲載時)
カテゴリー:写真/ビデオ, エンターテインメント

参考にしたブログ記事

女性目線のブログですが、非常に参考になります。