Markdown対応アプリをいくつか比較してみました。

スポンサーリンク

どうも、リョウ(@ryskyshd)です。

最近、Markdown記法に興味津々なんですが、何となく覚えづらいので補助キーボードがあるアプリをいくつか試してみました。

ただ、Markdown記法そのものよりも別のところが気になって仕方がなかったのでちょっとご紹介します。

Markdown記法とは

詳しい説明は以下の記事などでご確認ください。

はみ出てる!

この一言に尽きるんですが、外国語圏で作られたアプリが多いので、日本語キーボードにすると補助キーボードがはみ出るんですよね。

とにかくご覧ください。

Markdown

AppIcon

Markdown

価格:¥300(記事掲載時)

カテゴリー:仕事効率化, ライフスタイル

まずはアプリ名がそのままなアプリ、Markdownです。


▲まずは起動後の画面。
画面上のプラスボタンで新規入力です。


▲英語キーボードです。
問題ないですね。


▲次は日本語キーボード。
お分かりでしょうか。


▲補助キーボードの下側が日本語キーボードに被ってます。

Write for iPhone

次はWrite for iPhoneです。

AppIcon

Write for iPhone – A Beautiful Note Taking and Writing App

価格:¥200(記事掲載時)

カテゴリー:仕事効率化, ユーティリティ


▲起動後の画面。
やはり英語キーボードでは問題ないですね。


▲そして日本語キーボード。


▲Markdownと同じように補助キーボードの下側が日本語キーボードに被ってます。

1Writer

次は1Writerです。

AppIcon

1Writer – Note taking, writing app

価格:¥300(記事掲載時)

カテゴリー:仕事効率化, ユーティリティ


▲まずは英語キーボード。
全く問題なし。


▲そして日本語キーボード。
あらら。


被ってない!!

最後に

いかがでしたでしょうか。
細かいところですし機能的には全く問題ないので気にするほどでもないんでしょうけど、私はとても気になります。
外国語圏のアプリなのでそこまでカバーするのを期待する方が違うのかもしれませんが、1Writerは現実にちゃんとしてるんですからできないことはないはずですよね。

他にも探してるんですが、今のところの本命アプリはBywordですね。

AppIcon

Byword

価格:¥500(記事掲載時)

カテゴリー:仕事効率化, ユーティリティ

他にはScratch。

AppIcon

Scratch — Your Quick-Input Notepad

価格:¥300(記事掲載時)

カテゴリー:仕事効率化, ユーティリティ

Bywordは勢いでポチるには高いですね。
1Writerが今のところ使えそうなんですがBywordがとても気になります。
でも高い(笑)
どうしましょうかね。

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。