Draftsとリマインダーの連携を見直してみました。

2015/07/11iPhone, アプリレビュー

どうも、リョウ(@ryskyshd)です。

先日、標準のリマインダーアプリをToDo管理に使うということで速Reminderをご紹介しました。

ご紹介しといて何ですが、使うアプリはできるだけ少なく集約させたい派の私としては、どうしてもDraftsの存在を忘れることができませんでした。

AppIcon

Drafts

価格:¥300(記事掲載時)

カテゴリー:仕事効率化, ソーシャルネットワーキング

というのもDraftsにはデフォルトでリマインダーとの連携できる項目が2つあって、そのうちのひとつ『List in Reminders』が気になって気になって仕方がなかったんです。

もしかしたらこのアクションで複数あるリストのうちのひとつにめがけて登録できるのではないかと。

答えは簡単、できる!!

参考にしたのは以下のエントリです。

このエントリの後半部分に『List in Reminders』の使い方が解説されています。

分かってしまえば超簡単


▲こんな感じで登録したいリストタイトルの前に『@』を付けます。


▲そして送信!


▲大成功!


▲リマインダーを開くとちゃんと登録されてます。
素晴らしい!!


▲よく見るとちゃんと書いてありますね。

さらにひと工夫

『@』とか『#』などの記号はキーボードを日本語から英語に変えるか日本語キーボードの英語で入力するかのどちらかですが、どちらもワンないしツーアクション必要です。
リマインダーは思い付いた時にササッと登録したいので、日本語キーボードで何とかならないか考えたところ、そうだ、ユーザ辞書があるじゃないか!ということで早速登録。

設定から一般→キーボード→ユーザ辞書に進んで新規登録!
これでバッチリですね。

最後に

いかがでしたでしょうか。
アプリの断捨離化を図る上で大きな一歩だったと思います。
時間指定ができればなお良いのですが。
いや、もしかしたらできるのかもしれません。
そうなると完璧ですけどね。

本日ご紹介したアプリ

※価格は記事掲載時のものですのでご注意ください。

AppIcon

Drafts

価格:¥300(記事掲載時)

カテゴリー:仕事効率化, ソーシャルネットワーキング

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサーリンク

Drafts

Posted by リョウ