活動量計のFitbit ZipとOneを比較してみました。

2016/08/22ライフスタイル, 雑感

どうも、リョウ(@ryskyshd)です。

先日のエントリーでチラッと紹介したFitbit ZipとOneの活動量計。
[kanren postid=”2597″]

どちらにしようか悩んでいると書きましたが、実機を見てみる前に両者のスペック的な違いをまず明らかにすることからも検討してみたいと思います。

Fitbitの公式サイトはこちら。

そもそもどうしてFitbitなのか

活動量計ってググるとたくさん出てきますが、その中でどうしてFitbitを選択するのか、その理由はいくつかあります。

  • リストバンドタイプではないこと。
  • デザインがオシャレなこと。
  • iPhoneアプリが使いやすいこと。
  • お手頃価格(高くても10,000円程度)

ひとつずつ詳細を。

リストバンドタイプではないこと。

これは外せません。
仕事中にも常時身に付けておきたいので、リストバンドタイプでは困ります。
所謂万歩計みたいなタイプがいいんです。
なおかつ、できるだけ小さい方がベターです。

デザインがオシャレなこと。

これは主観ですが、数あるデバイスの中ではFitbitが一番好みでした。
毎日身に付けるものですから、好みのデザインのものがベストでしょう。

iPhoneアプリが使いやすいこと。

これも重要です。
Fitibitなら連携は簡単そうです。

お手頃価格

これも重要。
小遣い制の家族持ちの身としてはポッと数万円も出せません。

Fitbit Zip

公式サイトからそのスペックを紐解いてみます。

その特徴はいくつかあります。

  • 電池式
  • カラーは5色
  • タップコントロール
  • 歩数、距離、消費カロリーを計測
  • 金額はAmazonで4,000円程度

以下のOneと比較しての違いはこんな感じでしょうか。

Fitbit One

続いてはOneです。

Oneの特徴としては以下のような点です。

  • USB充電式
  • カラーは2色
  • プッシュボタンコントロール
  • 歩数、距離、消費カロリー、登った階数睡眠サイクルを計測
  • 金額はAmazonで10,000円程度

どちらにしようかな

Oneの方が上位機種なのでZipと比べると計測できる項目に差があります。
ポイントは「登った階数」と「睡眠サイクル」ですね。
要するにこの2つを計測しないで良いのであればZipで十分ということになります。
その差が金額にして約6,000円です。
う~ん、悩みます…どうせなら色々と計測できた方が良さげですけど登った階数まで必要かな…睡眠サイクルはiPhoneアプリでもできるし…う~ん。

迷ったときはググれ」ということでレビュー記事を読み漁ります。

先人たちに学ぼう!

いくつか興味深い記事が出てきましたのでご紹介します。
まずはZipから。

続いてOne。

紹介した記事の中には出てきてないかもしれませんが、Oneで睡眠サイクルを計測できるのはいいんですが、寝るときにはリストバンドタイプのケースに入れる必要があるということでそれがいちいち面倒そう。
睡眠の質とかは今のとこ別にどうでもいいんでOneは選択肢から外れそうですね、値段も高いし。

最後に

いかがでしたでしょうか。
私の場合、何でも形から入るタイプなので見た目のオシャレ感はすごく大事です。
その上で機能的にも必要十分で、値段もお手頃価格が良いとひどくワガママ(苦笑)
でも、Fitbit Zipならそのワガママな要求に快く応じてくれそうな気がします。
なかなか実機を見に行く機会がないので、Amazonでポチりましょうかね。

スポンサーリンク

Fitbit

Posted by リョウ