ほぼ日手帳オリジナルを購入しました

photo credit: P1260807 via photopin (license)

どうも、リョウ(@ryskyshd)です。

来年用の手帳の話なんですが、仕事用には能率手帳ゴールドを購入しました。

[kanren postid=”4229″]

スポンサーリンク

プライベート用の手帳が欲しくなる

これで来年の手帳は終わりと考えていたんですが、Instagramとかtwitterとかブログとかを見ていると、プライベート用というか日記というか、とにかく仕事以外の用途としての手帳が欲しくてたまらなくなりました。

今使っているほぼ日手帳WEEKSでは主に仕事のスケジュールとタスクの管理をしてるんですが、ちょいちょいプライベートのことも書いてるところがあって、仕事とプライベートが混ざるのはどうなんかなぁというモヤモヤがなかったと言えば嘘になります。
また、来年は能率手帳ゴールドなので今のWEEKSよりもやや紙面が小さくなります。

そんなこともあり、仕事とプライベートは分けたいなぁと考えるようになりました。
よく『ダブルブッキングを避けるため手帳は一元化した方がいい』と言われますが、それも確かにあるでしょうけど仕事は仕事、プライベートはプライベートなので何とか大丈夫でしょう。

自分が手帳を複数持つなんてこれまで考えたことなかったんですが、特にQTAオフに参加したことでそれもいいのかなって考えに変わりました。
要するに用途がしっかり決まっていれば何冊持ったっていいんだな、と。

ほぼ日手帳一択

ということでプライベートの日記帳として使える手帳を検討し始めましたが、結論はやはりほぼ日手帳オリジナルでした。

その理由として、まずは2010年に使い始めたTSブラックの革カバーを使いたかったから
私はどうしても貧乏性なので、これを使えていないことがずっと気になってました。

もうひとつは月間カレンダーです。
日曜始まりが選べるのって数少ないと思います。
ほんとはavecとかplannerも検討したんですが、こちらは日曜始まりがない。
革カバーを使えればいいので、他の文庫サイズの手帳も複数見てみましたが、どれも月曜始まりなんですね。
今年使ったジブン手帳やほぼ日手帳WEEKSも月曜始まりですが、最初は使ってみたものの、次第にどうも慣れないので使わなくなってしまいます。
それでは勿体ない。
日曜始まりは私にとって必須なんです。

ネットでポチッと

ほぼ日手帳の日曜始まり版はネットショップ限定なので、インターネットでポチりました。
あとは届くのを待つばかりですが、ひとつだけ心配な点を挙げるとすれば奥さんからの冷たい視線ですかねw
うちの奥さんも何気に文房具好きなんですが、そこはやっぱり主婦目線というか、いかに安くて使いやすく自分に合ったものを探すかに命を懸けているような人ですw
なので来年の手帳もナフコで買ったようです。

まさかの文房具屋さんじゃないとかねw
そんな奥さんからすると、これまで割と色んな手帳を使っては途中で書かなくなったりとかする私が、2冊買うとか信じられん、しかも高価なやつ買うとか以ての外じゃ、みたいなプレッシャーをかけてくるのが目に見えてます。
その点はちょっと気がかりですが。

最後に

いかがでしたでしょうか。
自分の中ではQTAオフに参加したことがかなり大きく影響してますが、人生で初めて手帳の複数使いを来年はやってみたいと思います。
次回のQTAオフのテーマが『ここにこだわる!こう使う!来年の手帳』なので、前回よりも前のめり気味で参加したいと思います。