2017年用の手帳としてブラウニー手帳を購入しました!

来年の手帳シーズン真っ只中ですが、先日、ブラウニー手帳を購入しましたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ブラウニー手帳とは

まずは公式サイトをご参照ください。

ブラウニー手帳 2018
ヨコにも、タテにも、ネタにもなる?デザインカンパニーbrownieの手帳は、ヨコにもタテにも使えるダイアリー。デザインに便利なおまけネタが付いて、クリエイティブワークも快適に。

特徴その1

ブラウニー手帳の大きな特徴としては、「ヨコにもタテにも使える」という点です。
これは普通の手帳にはないブラウニー手帳独自の特徴です。

ブラウニー手帳のいちばんの特徴は、「タテにもヨコにも使える」というところ。仕事とプライベートで使い分けたり、二人分の予定を管理したり、一冊でいろいろとマルチな使い方ができます(特許登録済み)。

何と特許まで取得済みのこのフォーマット。
いいと思っても他社には真似できないんですね。
でも、昨年初めて見た時の個人的な第一印象としては「何だこりゃ?タテとヨコが混在する手帳って見にくくね?」って感じでした。
まったく、捻くれてますねww

公式サイトより画像を拝借しました。

一見するとタテとヨコがごっちゃになってしまいそうな印象ないですか?
私にはこのフォーマットが合わないだろうなと、勝手に感じてしまってました。

特徴その2

月間、週間のスケジュール欄、巻末のメモ欄、そのすべてが「方眼」でできています。

こちらも公式サイトより。

タテとヨコが混在する手帳をこれなら使えるかもと思うようになったのはこの点がポイントかもしれません。
というのも、今年から仕事用の手帳として使い始めた能率手帳ゴールドですが、月間カレンダーがブロックタイプではなくガントチャートタイプなんですけど、今年使い始めたことでそれに慣れてきたからなんです。

能率手帳ゴールドの使い方-2016年版-
今年から使い始めた能率手帳ゴールドの使い方をご紹介します。

以上のように、ガントチャートには日常や仕事のログを記録するのに使っています。
ブラウニー手帳の月間ページには能率手帳ゴールドよりも多くの書き込みスペースが存在します。
今年能率手帳ゴールドを使っていて、こんな項目も記録出来たらなと思うことがたくさんあったので、来年はこのブラウニー手帳でそれを実現していこうかなと今のところは考えています。

特徴その3

これも購入の大きな要因となりましたが、来年版から「万年筆でも裏抜けしにくい」紙質へリニューアルされました。
手帳+万年筆ユーザーを狙ったこの作戦、大成功ですよw
少なくとも私はこの戦略によって購入へと一歩進まされたことは確かです。

手帳の構成をご紹介

さて、私が購入したのはブラウニー手帳のレギュラーサイズです。
これはほぼ日手帳と同じ文庫本(A6)サイズ。

まずは外観から。

表紙の「ヨコ タテ吉」が可愛くてたまりませんww

うまく言葉で説明できないんですが、ひと言でいうと「何かオシャレ」なんですよね。

中の紙面もそうですが、このフォントの感じとか色使いとかが私の好みにハマってくれます。
制作会社のロンド工房さんってデザイナー会社ってどこかで聞いた(見た)記憶があるんですが、なるほどねと思います。

株式会社ロンド工房
創業57 年の大阪の老舗印刷屋。2011 年よりアーティストとコラボしたアートギフトやデザイン文具の企画、製造、販売を開始。物語を中心に置くことで、「贈り手の心を届けるものづくり」を心がけています。また、「アート」×「おみやげ」や「アート」×「おくりもの」など、付加価値を加える仕掛けを行うことで、独自の商品の世界観を創…

続いて中身です。
見返しがあってまず最初にあるのが2017年と2018年の年間カレンダーです。

左右にカレンダーがあってその間には方眼のメモスペースがあります。

今のところ使い道はあまり浮かんでませんが、毎月の主な出来事を書き込むかなんかしますw

次に2019年、2020年、2021年と2016年の年間カレンダーが横向きに見開きで掲載されています。
そして次ページからは月間カレンダーが始まります。

月間カレンダー

11月からのスタートとなっています。

これは早めに使い始めることができるので何気に嬉しいですね。
そして月間カレンダーはブロックではなくガントチャートです。

ちょっと写真が見にくいですが、タテの日付欄には英語名で、ヨコの日付欄には漢字でそれぞれ曜日が記入されています。

これは細かい配慮ですね。
しかもヨコの日付欄には大安とか赤口などの六曜が載っています。
これも個人的には重宝します。
月間カレンダーは2017年11月から2018年3月まで掲載されています。

週間スケジュール

続いては週間部分。このように月間も週間もすべて方眼です。

ヨコの縦軸には時間が載っています。表記は「9、12、15、18」の4つですね。

タテの方にも細かい点ですが、時間を表記できる「:」が記載されています。

タテでもヨコでも時間軸が利用できるのでほんとに使い方悩むところ。
この週間カレンダーは2017年10月31日(月)~2018年1月14日(日)までの期間分あります。

One Year Project

その次は年間プロジェクトのページ(見開き1ページ)が4つ(見開き4ページ)です。

ヨコ タテ吉が何か言うてますw

メモ欄

最後はメモ欄。

見開き1ページのメモ欄は全部で7つ(見開き7ページ)。
これもすべて方眼です。

ページの隅には控えめに使い方を提案してくれています。

普通に方眼メモ欄として使うもよし、線を繋いで9マスメモやクロスチャートとして使うもよし。
こんな細かいところにも工夫がなされていてちょっと感心しました。
そして一番最後には「おまけ」のページが4ページあって、さらに個人情報を書く欄が1ページあって終わりです。

最後に

いかがでしたでしょうか。
今はまだ使っていないので当然家に置いてますが、帰宅するたびに紙面を捲っては用途を検討する毎日です(笑)
仕事用には能率手帳ゴールドがしっくりきていますので、必然的にプライベート用となりますかねぇ…
まだ少し考える期間はあるのでじっくり用途を検討したいと思います。