ブログの下書き(アウトライン)を考える

iPhone, ブログ, ライフスタイル

どうも、リョウ(@ryskyshd)です。

最近、Cloud Outlinerというアプリを入れたことで、ブログの書き方がやや変わってきたので少しだけご紹介します。

まずアウトラインを考える

大まかなあらすじをCloud Outlinerに書き出します。
ポイントはこの段階ではかなり大雑把でいいということ。
ここであまり細かくし過ぎると面倒になって書かなくなるから。
あくまでも私の場合ですがw

見出しを意識する

Cloud Outlinerの使い方はここでは書きませんが、大見出しをザザッと書き出して後から肉付けするといい感じ。
起承転結でも何でもいいからとにかく大枠を作ります。

IMG_1021
▲インク沼の記事のアウトラインです。

思い付いたらとにかく書き出す

関連する事項は特に文の流れを意識せずに何でも書き出しましょう。
何たってここがデジタルでアウトラインを構成する醍醐味ですから。
要するにデジタルなので並び替えが簡単にできるということ。
この内容はここじゃなくてここがいいなっていうのを後から自由に変更できる。
これはかなりストレスフリーです。

IMG_1022
▲下書きの段階ではこんな感じでしたが、アップする際に削った箇所もあります。

テキストエディタで書く

私は最近BywordというiPhoneアプリを使い始めました。
なぜならMarkdownが使えるから。
しかも補助キーボード付きなので楽に書けます。
もちろんTextwellでもするぷろでも何でもいいです。
自身が書きやすいアプリを使うと捗ります。

AppIcon

Byword

価格:¥720(記事掲載時)

カテゴリー:仕事効率化, ユーティリティ

仕上げはパソコンで

Bywordにはオプションを購入することでWordPressに送信することができます。
下書きとして送信し、後はパソコンで仕上げをします。
画像を入れたりサイトとかブログ記事へリンク貼ったり。
文章もしっかり見直して修正したり加筆したり。
モブログってかなり便利ですが、やっぱり仕上げはパソコンでやる方が何かと楽です。
モブログである程度形は作ってますからパソコンでの作業もしやすくなります。

最後に

いかがでしたでしょうか。
最初からパソコンで書く場合もありますが、Cloud Outlinerのおかげでいきなり本文を書き始めるよりも格段に楽にブログが書けるようになりました。
しかも、記事の内容にもよりますが、よりリアルな感情だったり雰囲気というのは書きたい時にザッとまとめておかないと後になって忘れてることもありますので、そういう意味ではスキマ時間を活用できる体制はある方がいいかなと思ってます。

スポンサーリンク